婦人

敏感肌にはミネラルファンデーションが最適|やけどの傷跡をカバー

このエントリーをはてなブックマークに追加

正しいケアの方法

頬を触る中年女性

にきびとは、毛穴が狭くなりふさがってしまう事で起こります。毛穴がふさがる原因によって出来るにきびも違ってきます。まず思春期にきびは、皮脂が過剰に分泌されやすい10代に、過剰分泌した皮脂が毛穴に詰まることで起こります。正しい洗顔を行えば治りやすいのが特徴です。次に大人にきびは、男性ホルモンの影響で増えた皮脂が毛穴に詰まることで起こります。また意外と知られていないのが、乾燥によるものです。乾燥肌ではにきびはできないと思われがちですが、実はバリア機能が下がるためにきびを悪化させてしまうのです。大人にきびには保湿が大切になってきます。それぞれのにきび肌に合った石鹸や洗顔方法を選んで肌を整えていきましょう。

思春期にきびと大人にきびのどちらにも共通したお手入れ方法を紹介します。洗顔に必要な石鹸には、殺菌効果や抗炎症効果のあるものを選んでください。アクネ菌ケアの商品の多くは、肌が乾燥しやすいので保湿をしっかりと行いましょう。さらに泡立ちの良い石鹸で洗うと、肌への刺激を抑えてくれます。その他ににきびを悪化させないように、してはいけないことがあります。それはにきびを潰さないことです。初期段階の白にきびでも雑菌が入り化膿する恐れがあります。また、むやみに触らないことも注意してください。これも雑菌が手から移り悪化する原因になります。皮脂を取り除こうと、一日に何度も洗顔することは間違っています。乾燥を招いて、治りづらくなってしまいます。にきび予防に適した石鹸で、洗顔するように心掛けてにきびを治していきましょう。